茶入

唐物茄子茶入 『付藻茄子』|茶入

投稿日:

所蔵:
静嘉堂文庫美術館
高さ:
7.2cm
口径:
2.7cm
底径:
2.7cm

釉薬がきれい。と思っていると?!

『付藻茄子』はまずもって形状が美しいです。茄子のように、お尻が手っぷりとしている愛らしさはもう、この上無し。ただ、この茶入、いろいろといわく付きな所も。綺麗な釉薬は実は、全て漆によるものなのだとか。一度手に触れてみたいです。今は静嘉堂文庫美術館が所蔵しており、たまに表に出てきますね。

耳寄りなおはなし

足利義満にまで遡る伝来は、歴史的には極めて希有。その後、信長に渡ったが大坂夏の陣で行方不明に。その後、徳川家康の命をうけた藤重藤元・藤巖父子により探し出され、漆で修復されたという歴史があるのだとか。木っ端みじんになっても、なおそれを欲しがる程のものとは恐れ入ります。

出典

  • seikado.or.jp

-茶入
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

茄子茶入『国司』|茶入

所蔵:藤田美術館 高さ:5.9cm 口径:2.7cm 底径:2.8cm 見所は指跡? 「国司」の見所はというと、指跡ではないでしょうか。制作者が不意につけてしまったであろう指の跡のような模様が、良い景 …

重文 瀬戸丸壺茶入『相坂』|茶入

所蔵:根津美術館 高さ:6.4cm 口径:2.5cm 底径:2.9cm 丸壷茶入の筆頭 「相坂」の見所はなんといっても釉薬の溶け方。黒と黄色が絶妙に折り重なった艶かしい風貌に、一目で虜になります。形状 …

唐物文琳茶入『吹上』|茶入

所蔵:五島美術館 高さ:6.3cm 口径:1.9cm 底径:1.8cm 茶入の完成形 一筋入った釉薬の溶け方がお見事というほか無い茶入。地肌は黄味がかかっており、これもまた珍しいです。手取り感はとても …

唐物鶴首茶入 『利休鶴首』|茶入

所蔵:湯木美術館 高さ:6.0cm 口径:2.7cm 底径:2.7cm ひょろ長い首が特徴的な茶入 数ある茶入の中でも、一際目立つ姿なのが鶴首茶入。鶴の首のように長いことから、命名されたのはその容姿を …

唐物肩衝茶入『松永』|茶入

所蔵:福岡市美術館 高さ:N/A 口径:N/A 底径:N/A 胴部分の丸さがカワイイ茶入 肩衝にも幾つかのタイプがあります。1つは上半分と下半分の形状が似ているタイプ。もう1つは上半分より下半分の方が …