井戸茶碗

小井戸茶碗『六地蔵』|井戸茶碗

投稿日:2017年5月1日 更新日:

所蔵:
泉屋博古館分館蔵
高さ:
8.1cm
口径:
13.9cm
高台径:
5.3cm

滅多に出会えないレアな茶碗

井戸茶碗の中でも変わり種の一碗。泉谷博古館が所蔵しています。あんまり展示されないので、観れた人はラッキー。伝来の記録によると、かの小堀遠州が名付け親だとか。六地蔵の土地で見つけたことに由来しているみたいです。

型破り、だからこそ生まれる覇気

作風は、井戸の約束事はほとんど見られない 笑
高台は低く、梅花皮もそれほど見られません。腰もすとーんと落ちており、肌も枇杷色ではありません。 ですが、腰周りと見込みに垂れた青白い釉薬の景色にと、にゅうの入り方が素晴らしい。そして肌の黄身がかったさまが黄金比を実現し、格別の魅力を放っております。この、黄色い肌と釉薬の青白い光が相まって、茶碗ファンは卒倒してしまうはずです。

大きさもそれほど大きくはなく、すっぽりと手に収まるサイズ。抹茶の緑がよく映えるであろうことは、実物を、見れば一目瞭然でしょうぞ。

耳寄りなおはなし

ネーミングの由来がとても気になる一碗。言われでは、地名にちなんでつけられたのだとか。でも、そんな安易な付け方で成下がってしまうような茶碗ではないはず。。。と信じたい。

出典

  • pinterest

-井戸茶碗
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青井戸茶碗『宗旦』|井戸茶碗

所蔵:富山佐藤美術館蔵 高さ:7.2cm 口径:15.8cm 高台径:5.2cm もの凄い人の手を渡ってきました 豊臣秀吉、千利休、千宗旦、藤村庸軒伝来 利休の孫で現在の三千家の祖となった宗旦が所持し …

青井戸茶碗『田中』|井戸茶碗

所蔵:畠山記念館蔵 高さ:6.7cm 口径:14.4cm 高台径:5.2cm あんちょこなネーミング。でも立派な歴史資料 田中四朗左衛門伝来。だから「田中」。あんちょこなネーミングがついていますが、来 …

重文 青井戸茶碗『柴田』|井戸茶碗

所蔵:根津美術館蔵 高さ:7.0cm 口径:14.6cm 高台径:4.8cm 作風はザ・青井戸茶碗 轆轤目が強く出て非常に均整の取れた形状、薄い琵琶色の内にうっすらと浮かび上がる青の色合い、主張しない …

大井戸茶碗『さかい』|井戸茶碗

所蔵:根津美術館蔵 高さ:9.2cm 口径:16.3cm 高台径:5.8cm 正面はどこ!? 「さかい」はどこを正面とするかによって、かなり見栄えが変わります。特にカイラギの様子はどこから見るかでぜん …

大井戸茶碗『毛利』|井戸茶碗

所蔵:出光美術館蔵 高さ:9.1cm 口径:14.8cm 高台径:5.3cm 見る角度で美しさが決まる? 茶碗の3分の1を補修してまでも、残し続けたい思いで大切にされてきた茶碗。普通、ここまで破損して …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索