コレクション 志野茶碗

志野茶碗『いろは坂』|コレクション

投稿日:2017年11月1日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.3cm
口径:
12.2cm
底径:
4.7cm
一金:
1,200,000円

ストーリー

異なる陶片による呼継ぎでキレイに作られた茶碗。とある筋から譲り受けたお話によると、その昔明治の財閥である原家が所望したのだとか。色々な陶片を組み合わせ、多様な景色が拝めることから、紅葉で有名な日光にある「いろは坂」の銘をつけた。茶碗としては、見込みにある模様が、ちょびひげっぽくてかわいらしい。また、全体的な模様をみると志野織部の部類に入ると思われる。 当方もかなりの愛用品。とにかく使いやすいの一言に尽きる一碗。

『いろは坂』の形状

ゆがみがほとんど見られず丸い。呼継ぎの陶片もキレイな丸になるように揃えており、かつての所有者の愛蔵ぶりが伺える。

『いろは坂』の肌

志野茶碗としては、ちょっと固めの肌具合。薄い作りに軽やかな絵を、上手く組み合わせて継いだ先達の扇子に脱帽するほかなし。見込みにあるちょびひげのようなものは、絵師の遊び心がありありとでている。

『いろは坂』の重さ

作りが薄く、また、釉薬も薄いことから、重さはそれほど無く、扱いやすい一碗。

耳寄りなおはなし

この志野茶碗はヘビロテしている一碗。継ぎの美しさは所有している茶碗の中でもNo.1の出来かなと思っています。あえて異なる陶片を用意して、割れた陶片の模様と上手くストーリーがつながるように組み合わせる心意気に、所有者は感服するほか無いのでは。見込みに描かれたちょびひげ模様がなんとも愛くるしいですね。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 志野茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

重文 鼠志野茶碗『山の端』|志野茶碗

所蔵:根津美術館蔵高さ:8.8cm口径:14.3cm高台径:6.1cm外面だけでなく、内面も見たい一碗根津美術館が所蔵する至宝の1つ、山の端。鼠志野茶碗では峯紅葉と肩を並べる名碗といわれています。つく …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

織部茶碗『暮雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:3,200,000円 ストーリー 江戸初期に尾張藩の大名が、陶工に作らせた筒茶碗。同志との結束力を高めるための茶席で用いる …

織部茶碗『伊達男』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:10.5cm 底径:5.5cm 一金:6,000,000円 ストーリー 江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その …

赤楽茶碗『赤壁』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:12.2cm 底径:5.1cm 一金:750,000円 ストーリー 阪神電鉄の祖:逸翁による赤楽茶碗。本阿弥光悦の「加賀光悦」を模して作ったのは容易に想像がつく …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索