コレクション 志野茶碗

志野茶碗『さざ波』|コレクション

投稿日:2017年11月5日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
6.8cm
口径:
12.5cm
底径:
4.7cm
一金:
850,000円

ストーリー

正統派の志野茶碗。鬼板がさざ波のような模様を描いていることから、その銘が付いたのだとか。安直と言えばそれまでではあるが、作りはしっかりとしている。また、高台の形状が興味深い。キレイに整えられた形跡は全く見られず、「てきとーでええやろ、ここくらい」といった感じにつけられたのではと思わされるほど。 鼠志野、筒茶碗は上品な茶碗である一方、こちらの茶碗は豪快の一言に尽きる。

『さざ波』の形状

志野茶碗の典型的な形状。大振りな口から中をのぞくと、ぐっと広い見込みが広がる。高台の形状が面白く、博物館や美術館で展示されているような作為性がみられない。

『さざ波』の肌

肌はしっとりめで掴みやすい。赤黒い胎土と白のコントラストがとても上品。

『さざ波』の重さ

さすがに重い。土からしておそらくかなりの重さ。もぐさ土と言われるちょっともっさりとした感触の土をベースに、これまた重たい鉄分が多い鬼板が塗られる。両手でしっかりと支えないと、お茶を飲むのは難しいかも。

耳寄りなおはなし

志野茶碗は豪快さに身を任せた作品で溢れているが、こちらの茶碗もまたしかり。戦国武将が好みそうなサイズ感。茶碗に描かれた景色がとても良く、さざ波と松が描かれている。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 志野茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐津茶碗『青二才』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:550,000円 ストーリー 金継ぎは江戸中期の職人の手によるもの。時代が経過したことで、金色の光に鈍さがでており、古風さ …

志野茶碗『広沢』|志野茶碗

所蔵:湯木美術館蔵 高さ:7.9cm 口径:12.3cm 高台径:6.4cm 志野茶碗の序列ではNo.3くらい 志野茶碗というと、卯花駕と羽衣が双璧だと見なされていることが多いようです。広沢はその次N …

赤楽茶碗『赤壁』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:12.2cm 底径:5.1cm 一金:750,000円 ストーリー 阪神電鉄の祖:逸翁による赤楽茶碗。本阿弥光悦の「加賀光悦」を模して作ったのは容易に想像がつく …

小井戸茶碗『やんごとなし』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.0cm 口径:12.7cm 底径:5.3cm 一金:2,100,000円 ストーリー 桃山時代に李氏朝鮮から大名毛利家が入手したもの。その茶会記にて「まことにやんごとなき碗に …

瀬戸茶入『青龍』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.1cm 一金:350,000円 ストーリー もともとは『常夏』と名付けられた茶入。夏の茶席に活躍するのは間違いないが、ちょっと季節を限定するのはもったいない出来栄え。というこ …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索