コレクション 志野茶碗

志野茶碗『初心』|コレクション

投稿日:2017年9月23日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.5cm
口径:
11.0cm
底径:
5.8cm
一金:
お問い合わせください

ストーリー

墨田如水が美濃の合戦時代に入手/愛蔵した志野茶碗。古布は茶碗を納めた箱を包む風呂敷代わりに使っていたもの。その後、梶張徳川家の派閥争いに負けた徳川伊右衛門が、徳川家の蔵より選別品として配慮した記録が残る。徳川伊右衛門の後、財閥の岩崎富太郎の手に渡り今に至る。小振りながら存在感は抜群。肌は若い茶碗に見られるようなガラス質のものではなく、柔らかな独特の質感を持っている。

形状について

半筒状の茶碗。代表的な志野茶碗は大振りなものが多いが、この茶碗は小振りに分類されるであろう。千利休が好みそうなサイズである。また、描かれた橋の絵も、味わい深い一品。高台もまた力強く、作為性の無さは一級品。

肌について

古い志野茶碗は焼き締めがしっかりとしている。その一方で、釉薬はとても柔らかく、手に取るとしっとりとした感触を味わえることだろう。

重さについて

サイズこそ小さいが、しっかりとした重さを持っている。銘を考えると祝いの茶会で活躍しそうだ。

箱について

表面に「志乃」と描かれている。二重箱には「墨田如水愛蔵」と描かれており、箱の中には古い布切れも同梱されている。

耳寄りなおはなし

とある市場で手に入れた茶碗。古い志野茶碗らしくしっとりとした肌に惚れ込みました。黒楽の「利大」とともに所蔵する茶碗の中では最高の一碗であります。ストーリーはもちろん妄想ですよ。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 志野茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

志野茶碗『橋姫』|志野茶碗

所蔵:東京国立博物館蔵 高さ:11.5cm 口径:12.5cm 高台径:6.0cm 異形の様。王者の風格 この『橋姫』という志野茶碗は、おそらく類似のものを二つとして見出すことができないのではないでし …

志野茶碗『振袖』|志野茶碗

所蔵:東京国立博物館蔵 高さ:8.2cm 口径:13.1cm 高台径:6.6cm おだやかに、ただし、意志は強く 羽衣や蓬莱山(卯花墻は別物として)に比べると、見所は少ない茶碗かもしれません。とくに、 …

織部茶碗『伊達男』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:10.5cm 底径:5.5cm 一金:6,000,000円 ストーリー 江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その …

蕎麦茶碗『燕』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.5cm 口径:13.5cm 底径:5.1cm 一金:250,000円 ストーリー 高麗茶碗の一つである蕎麦茶碗。見込みが平たく、奥行きがそれほど感じ取れないのですが、胴まわり …

唐津茶碗『小宇宙』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.3cm 口径:11.6cm 底径:4.6cm 一金:300,000円 ストーリー 藤村家にて、藤村奏が茶碗飯用に利用されていたものを、見立てとして茶の席に応用したのがこの唐津 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索