志野茶碗

志野茶碗『橋姫』|志野茶碗

投稿日:2018年10月1日 更新日:

所蔵:
東京国立博物館蔵
高さ:
11.5cm
口径:
12.5cm
高台径:
6.0cm

異形の様。王者の風格

この『橋姫』という志野茶碗は、おそらく類似のものを二つとして見出すことができないのではないでしょうか。筒形にしては背丈が高く、高台は極めて低いです。小さな水差しと言われても、ほほうと納得してしまいそうな茶碗です。東京国立博物館で見れますので、興味がある方はぜひ(展示スケジュールだけチェックしておいてくださいね)。

耳寄りなおはなし

こちらの茶碗の所有者はあの松永耳庵。破格の風貌は、氏の生き様にぴったりと当てはまっていたのではと思うところも。

出典

  • pinterest

-志野茶碗
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

志野茶碗『さざ波』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:12.5cm 底径:4.7cm 一金:850,000円 ストーリー 正統派の志野茶碗。鬼板がさざ波のような模様を描いていることから、その銘が付いたのだとか。安直 …

志野茶碗『いろは坂』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.3cm 口径:12.2cm 底径:4.7cm 一金:1,200,000円 ストーリー 異なる陶片による呼継ぎでキレイに作られた茶碗。とある筋から譲り受けたお話によると、その昔 …

志野茶碗『天衣』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.7cm 口径:13.9cm 底径:5.5cm 一金:1,650,000円 ストーリー 衣が天空からひらりと落ちてきたかのような模様が印象的な志野茶碗。見込みは深く、お茶がたっ …

志野茶碗『蓬莱山』|志野茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:10.2cm 口径:13.5cm 高台径:5.7cm いと珍しきカタチなり 志野茶碗の中では、極めて珍しいカタチ。楽茶碗に似ているかもしれませんね。 お尻までじっくり眺めたい 桃山 …

志野茶碗『広沢』|志野茶碗

所蔵:湯木美術館蔵 高さ:7.9cm 口径:12.3cm 高台径:6.4cm 志野茶碗の序列ではNo.3くらい 志野茶碗というと、卯花駕と羽衣が双璧だと見なされていることが多いようです。広沢はその次N …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索