瀬戸黒茶碗

瀬戸黒茶碗『小原女』|瀬戸黒

投稿日:

所蔵:
三井記念美術館
高さ:
8.7cm
口径:
13.3cm
高台径:
5.8cm

地面すれすれの窯割れに惚れ惚れ

名前からすると、女性っぽいイメージがあるが、茶碗の様は男っぽい。もっとも、瀬戸黒の中では女っぽさもあるのだろうけれども。

造りで注目したいのは黒い胴ではなく、地面接着すれすれのところに入った窯割れの景色。この窯割れが入っていることで、景色に動きが出ています。高台の白さは小原木とは対照的です。

耳寄りなおはなし

国焼き茶碗の代表選手。志野とかに比べると、つくるのはそんなに難しくなさそうです。が、その分、味のあるものに仕上げるのが難しい。。。

出典

  • pinterest

-瀬戸黒茶碗
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.4cm 口径:13.5cm 底径:6.3cm 一金:3,500,000円 ストーリー 瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り …

瀬戸黒茶碗『小原木』|瀬戸黒

所蔵:不審庵蔵 高さ:8.8cm 口径:10.2cm 高台径:5.0cm 地面すれすれの窯割れに惚れ惚れ 瀬戸黒というと、男らしいイメージがつきもの。真っ黒な胴に土見せの高台が典型的なカタチ。そんなか …