コレクション 織部茶碗

青織部茶碗『裏庭』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.1cm
口径:
13.7cm
底径:
5.5cm
一金:
550,000円

ストーリー

瓢箪の絵がとても軽やかな茶碗。つくりは黄瀬戸ににているのが興味深くもある。江戸時代に近江の商人が、大阪を出た北回りの商船と加賀の地で偶然出会い、商人から手に入れたもの。春先のお茶の席で、しばしば使っていたのだとか。その後、長州藩の木下家に伝わり、今に至る。

『裏庭』の形状

綺麗な半筒の茶碗。カタチには作為は無く、絵にすべてを託しているかのよう。

『裏庭』の肌

ぱりっとした固さが印象的。釉薬は薄く、絵もまた軽やかに描かれている。見込みの花がまた愛らしい。

『枯れ仏』の重さ

瀬戸黒の同サイズのものと比べると軽い印象。

耳寄りなおはなし

青織部茶碗はなかなかレアな一碗です。この茶碗もとある骨董市場で、棚の奥に置いてあったものを譲っていただいたもの。瓢箪の絵がとてもかわいらしく、裏庭のようだったのでこの銘をつけました。普段使いでお客さんに出す茶碗としても大活躍しています。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 織部茶碗
-

関連記事

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

黒楽茶碗『利大』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.7cm 口径:10.9cm 底径:4.7cm 一金:お問い合わせください ストーリー 1621年 加賀前甲藩の属国を統治する猪方利大が所持したことで「利大」と名付けられた黒楽 …

赤楽茶碗『放浪花』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:12.5cm 底径:4.5cm 一金:800,000円 ストーリー 江戸期の木阿弥光悦制作による赤楽茶碗。極端なまでの薄作りは、楽家3代の道人の作りとよく似てい …

重文 織部茶碗『冬枯』|織部茶碗

所蔵:徳川美術館蔵 高さ:9.5cm 口径:10.5cm 高台径:5.3cm イミフメイな図柄が大人気! 織部茶碗の名碗にして、意味不明な茶碗。描かれた絵が何を書こうとしたのかは、当人のみが知るところ …

織部茶碗『暮雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:3,200,000円 ストーリー 江戸初期に尾張藩の大名が、陶工に作らせた筒茶碗。同志との結束力を高めるための茶席で用いる …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索