コレクション 高麗茶碗

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.1cm
口径:
13.7cm
底径:
5.5cm
一金:
お問い合わせください

ストーリー

高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵した記録が残る。碗なりは枯れに枯れ果ててしまったが、その枯れた姿には神々しさが滲み出てくるようだ。胴には金継ぎの補修跡がかすかに残るが、それもまたいつのまにか寂びてしまった。あえて継がないほうが、この茶碗の価値は高まるだろう。足利家後、京都の皇族にわたり、豪商家が入手したとのことだ。

『枯れ仏』の形状

井戸茶碗にはなりきれていない形状。どちらかというと御本に近い。が、それよりもさらに昔を思わせる寂び様。

『枯れ仏』の肌

雨漏のような景色を持つが、枇杷色の肌も垣間見える。江戸時代の茶碗には見られない不思議な釉薬の景色。

『枯れ仏』の重さ

重い。同サイズの他の茶碗に比べると、かなりの重さ。

耳寄りなおはなし

黒柿の上等な箱に収まっております。「時雨降る〜」から始まる歌は、この茶碗にマッチしていますね。ですが、そこから改名してしまいました。あまりのすさびた様に惚れ込んでいる一碗です。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 高麗茶碗
-,

関連記事

小井戸茶碗『やんごとなし』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.0cm 口径:12.7cm 底径:5.3cm 一金:2,100,000円 ストーリー 桃山時代に李氏朝鮮から大名毛利家が入手したもの。その茶会記にて「まことにやんごとなき碗に …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

熊川茶碗『霊雲』|高麗茶碗

所蔵:野村美術館蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A おとなしくうつくしい 熊川茶碗『霊雲』は、この部類の茶碗のなかでは最も肌色がうつくしいと個人的に思っています。一見すると、白く見所が少な …

熊川茶碗『若草』|高麗茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A 逸り上がる口元が特徴 熊川茶碗といえば腰から口縁にかけて少し逸り上がるところ、見込みの丸い鏡、そして、てっぷりと丸くカタチ作られた腰でしょう。 …

本手ととや茶碗『流れ星』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:15.7cm 底径:6.4cm 一金:1,400,000円 ストーリー 千双旦が茶の道で独立を果たした時に、師から譲り受けたトトヤ茶碗。有名な「かすみ」のような …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索