コレクション 高麗茶碗

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.1cm
口径:
13.7cm
底径:
5.5cm
一金:
お問い合わせください

ストーリー

高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵した記録が残る。碗なりは枯れに枯れ果ててしまったが、その枯れた姿には神々しさが滲み出てくるようだ。胴には金継ぎの補修跡がかすかに残るが、それもまたいつのまにか寂びてしまった。あえて継がないほうが、この茶碗の価値は高まるだろう。足利家後、京都の皇族にわたり、豪商家が入手したとのことだ。

『枯れ仏』の形状

井戸茶碗にはなりきれていない形状。どちらかというと御本に近い。が、それよりもさらに昔を思わせる寂び様。

『枯れ仏』の肌

雨漏のような景色を持つが、枇杷色の肌も垣間見える。江戸時代の茶碗には見られない不思議な釉薬の景色。

『枯れ仏』の重さ

重い。同サイズの他の茶碗に比べると、かなりの重さ。

耳寄りなおはなし

黒柿の上等な箱に収まっております。「時雨降る〜」から始まる歌は、この茶碗にマッチしていますね。ですが、そこから改名してしまいました。あまりのすさびた様に惚れ込んでいる一碗です。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 高麗茶碗
-,

関連記事

大井戸茶碗『青柳』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.2cm 口径:14.0cm 底径:5.4cm 一金:4,200,000円 ストーリー 大井戸茶碗『青柳』。江戸時代の初期に、東北の伊達家に奉納された茶碗が、青柳家に手渡った歴 …

織部茶碗『暮雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:3,200,000円 ストーリー 江戸初期に尾張藩の大名が、陶工に作らせた筒茶碗。同志との結束力を高めるための茶席で用いる …

織部茶碗『伊達男』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:10.5cm 底径:5.5cm 一金:6,000,000円 ストーリー 江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その …

熊川茶碗『霊雲』|高麗茶碗

所蔵:野村美術館蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A おとなしくうつくしい 熊川茶碗『霊雲』は、この部類の茶碗のなかでは最も肌色がうつくしいと個人的に思っています。一見すると、白く見所が少な …

唐津茶碗『青二才』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:550,000円 ストーリー 金継ぎは江戸中期の職人の手によるもの。時代が経過したことで、金色の光に鈍さがでており、古風さ …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索