長次郎

重文 黒楽茶碗『大黒』|長次郎

投稿日:2017年5月5日 更新日:

所蔵:
個人蔵
高さ:
8.5cm
口径:
11.5cm
高台径:
4.7cm

楽茶碗No.1の地位は揺るがず

楽茶碗No.1の呼び声高い「大黒」。長次郎の茶碗では大きいサイズに分類される希少種。正面に表れたすさびた肌と挟み痕が、宇宙や銀河を見ているかのようというポエムっぽい評価を下している人がたくさんいますね。光をあてるとたしかに良い感じに光るんですね。明々とした茶室ではなく、薄暗い茶室でほのかな明かりに照らされている姿が、一番きれいに見えるかもしれません。

大黒の名前の由来はすごく単純?

「大きい」「黒楽」の茶碗。なので「大黒」と名付けられたとも言われたりしますがさて真相やいかに。利休七種の筆頭に上がる本椀。さすがにそんなアンチョコなネーミングではないと信じたいです。

耳寄りなおはなし

鋏後にかぶさった釉薬がいい感じにさびれて、宇宙のような景色を作っています。丸くふくれた下半身に比して小さい高台のアンバランスさが、どこか粋に見えてきますね。

出典

  • pinterest

-長次郎
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

重文 黒楽茶碗『俊寛』|長次郎

所蔵:三井記念美術館蔵 高さ:8.1cm 口径:10.7cm 高台径:4.9cm テカってる肌は艶かしい 長次郎の茶碗には珍しく、艶のある肌が印象的。もっとも、ノンコウ以降の楽茶碗に見られるようなてか …

赤楽茶碗『夕暮』|長次郎

所蔵:五島美術館蔵高さ:9.0cm口径:10.3cm高台径:5.1cm口縁に垂れる白い釉解けにうっとり名前の通り、夕暮れの景色を思わせる茶碗です。赤楽ならではの赤と白の釉薬の解け具合は生唾モノ。写真で …

黒楽茶碗『杵ヲレ』|長次郎

所蔵:楽美術館蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A うまづらなお茶碗 長い筒型の茶碗は希有。景色はそれほど特色はありませんが、全体的に茶色味になっています。口辺部は手こね作りならではの捻りが …

赤楽茶碗『白鷺』|長次郎

所蔵:個人蔵 高さ:8.9cm 口径:9.9cm 高台径:4.9cm 長次郎茶碗としては異種 腰から高台にかけて、白い釉薬が解けて赤と白のコントラストがキレイな景色になっています。形状は細長いタイプで …

黒楽茶碗『五月雨』|長次郎

所蔵:湯木美術館蔵高さ:N/A口径:N/A高台径:N/Aこじゃれたネーミング黒い肌にかせた赤茶のかせた景色が雲を髣髴させたのでしょうか。五月雨という粋な名前がついています。カタチは半筒型でゆがみも少な …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索