本阿弥光悦

黒楽茶碗『雨雲』|本阿弥光悦

投稿日:2017年5月2日 更新日:

所蔵:
三井記念美術館蔵
高さ:
9.0cm
口径:
12.5cm
高台径:
4.8cm

ネーミング最高です

本阿弥光悦作の名碗にして代表作のひとつ。数ある茶碗の中でも、抜群に名前がかっこいいです 雨雲という名前の由来は、その景色にあります。刀でスパッと切ったような口辺から、腰にかけて茶色から黒へと変わっていく様子。加えて、縦に走るような風情が、嵐の予兆を表現しているかのよう。勢いよく作ったのではないかと思わせられます。

お尻はドスン!

ひっくり返しての高台は、これまた野武士のごとくドスンとしています。 頭からお尻まで、隙のない力強さと破格の勢いを感じ取れる茶碗であることは間違いないです。

耳寄りなおはなし

似た名前の作品で、時雨という茶碗もあります。こちらの力強さは雨雲より抑え気味。こちらは楽家の所蔵ですね。二つの茶碗、是非とも並べて鑑賞してみたいモノであります。

出典

  • pinterest
  • 東京国立博物館

-本阿弥光悦
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『水翁』|本阿弥光悦

所蔵:頴川美術館蔵 高さ:7.5cm 口径:12.5cm 高台径:5.2cm ネーミングの由来は翁の顔のようなカタチから 光悦茶碗では珍しく沓形。「翁」という名前の茶碗は、他にも幾つかありますがどれも …

赤楽茶碗『乙御前』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵 高さ:9.0cm 口径:10.8cm 高台径:4.0cm 稀代のスーパースター 楽の茶碗で名のあるモノは楽家が作ったものがほとんど。そんな、長次郎に交じって光悦作の乙御前は異彩を放ってい …

黒楽茶碗『東』|本阿弥光悦

所蔵:北村美術館蔵 高さ:8.8cm 口径:12.0cm 高台径:4.8cm 形状は光悦、釉景色はノンコウ? 作風としてはかなりノンコウに近い感じがします。いや、これはもうノンコウでしょう。釉薬の溶け …

黒楽茶碗『七里』|本阿弥光悦

所蔵:五島美術館蔵 高さ:8.2cm 口径:12.2cm 高台径:5.2cm ノンコウと触発しあったのか? 加賀光悦と同じ部類に入る光悦茶碗。口縁は刀で切ったかのように揃っており、胴もやはり直線的。胴 …

赤楽茶碗『十王』|本阿弥光悦

所蔵:五島美術館蔵 高さ:9.8cm 口径:10.5cm 高台径:4.9cm simple is bestとは言いますけれども・・・ 光悦としては、デザイン性があまりない丸い茶碗。物足りなさを感じる人 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索