コレクション 唐津茶碗

唐津茶碗『忘れ草』|コレクション

投稿日:2017年10月19日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
6.8cm
口径:
11.0cm
底径:
4.7cm
一金:
350,000円

ストーリー

鈍く光る金継ぎが、とても味わい深い一碗。焼成中におこった偶然の欠けが、アクセントになっている。形状は唐津茶碗似よく見られるやわらかい沓形。江戸時代の中期に、江戸の商人が発掘品として求めた後、京都の茶人が愛玩した記録が残っている。箱にある花押はその茶人が描いたもの。

『忘れ草』の形状

小服茶碗程度のサイズ 茶籠に入れて、野点で楽しむのも良いかもしれない。高台を除くと、綺麗な轆轤跡が残っている。

『忘れ草』の肌

釉薬はねっとりとした生焼けに近く、肌色も鈍い黄色がよく出ている。

『忘れ草』の重さ

小柄なわりに重量はしっかりと感じ取れ、土の密度が高い印象をうける。

耳寄りなおはなし

お茶ではなくお酒に合いそうな一碗。もっとも、日常では紅茶を嗜むのにしばしば使っております。ちなみに、抹茶を入れるととても色映えが素晴らしい。生焼け肌の唐津だからこそ出るコントラストでしょう。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 唐津茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐津茶碗『青二才』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:550,000円 ストーリー 金継ぎは江戸中期の職人の手によるもの。時代が経過したことで、金色の光に鈍さがでており、古風さ …

志野茶碗『さざ波』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:12.5cm 底径:4.7cm 一金:850,000円 ストーリー 正統派の志野茶碗。鬼板がさざ波のような模様を描いていることから、その銘が付いたのだとか。安直 …

黒楽茶碗『天ノ月』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:13.4cm 底径:5.3cm 一金:1,000,000円 ストーリー 表千家5代随流齊による自作の茶碗。紐は表千家の古びた黄色い紐が長く千家の基で愛蔵されてき …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

赤楽茶碗『放浪花』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:12.5cm 底径:4.5cm 一金:800,000円 ストーリー 江戸期の木阿弥光悦制作による赤楽茶碗。極端なまでの薄作りは、楽家3代の道人の作りとよく似てい …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索