井戸茶碗

大井戸茶碗『天王寺屋』|井戸茶碗

投稿日:

所蔵:
個人蔵
高さ:
9.2cm
口径:
15.8cm
高台径:
5.8cm

カタチ一級+さびかた一級=もの凄いお茶碗

カタチも一級品ですが、さび方も一級品。つまりは最強の一碗でもあります。控えめの釉景色ですが、貫入の入り方が程よいですね。大粒にならず小粒にまとまっています。口辺お黒ずみっぷりも、ぐるーっと一巡しているわけではなく、ところどころにしか表れておらず、美しいです。ホツの修復後は黒漆になっていますが、当初は金だったのではと思います。無駄に金で直さないところに所有者の粋っぷりが表れているのでは。

耳寄りなおはなし

銘にある天王寺屋といえば、津田宗及。豪商ゆえに、時に派手な茶席もあったことでしょう。このお茶碗も実際に幾度となく利用したのでしょうか。にしても、今は個人が所有しているとは。。。なかなか表に出てこないレアな一碗であります。

出典

  • pinterest

-井戸茶碗
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小井戸茶碗『忘水』|井戸茶碗

所蔵:根津美術館蔵 高さ:7.5cm 口径:14.3cm 高台径:5.2cm 愛眼しまくりの一碗 小堀遠州愛蔵の茶碗。種類としては、小井戸の部類にはいるみたいです。なんとも、言えない可愛らしさに溢れて …

小貫入茶碗『石清水』|井戸茶碗

所蔵:出光美術館蔵高さ:6.3cm口径:12.6cm高台径:5.9cm大井戸、小井戸茶碗を超えた貫入景色かの財閥鴻池家伝来の一碗。小貫入茶碗は大井戸、小井戸のような見所がそれほどないけれども、貫入の入 …

青井戸茶碗『慈照寺』|井戸茶碗

所蔵:銀閣寺蔵高さ:7.7cm口径:14.8cm高台径:6.0cm 白に映える金は実物で見てみて! かの銀閣寺が所蔵しているという茶碗。名前もそのまんまの「慈照寺」です。写真で見る限りでは、つくりは井 …

小貫入茶碗『八重桜』|井戸茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:6.4cm 口径:13.9cm 高台径:5.8cm もう、小井戸茶碗でいいのでは。 正直、この茶碗は小井戸に分類したくなります。それほど、風格が優れた茶碗。伝来がそこまで残っていな …

重文 青井戸茶碗『柴田』|井戸茶碗

所蔵:根津美術館蔵 高さ:7.0cm 口径:14.6cm 高台径:4.8cm 作風はザ・青井戸茶碗 轆轤目が強く出て非常に均整の取れた形状、薄い琵琶色の内にうっすらと浮かび上がる青の色合い、主張しない …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索