コレクション 志野茶碗

志野茶碗『峯ノ雪』|コレクション

投稿日:2017年9月27日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.3cm
口径:
12.7cm
底径:
5.4cm
一金:
750,000円

ストーリー

五島美術館が所蔵する志野茶碗の名品「峯紅葉」。それをもう一段白くした様相を持つ一品。見込みに描かれた絵も非常に上品で、抹茶の緑がよくはえる。また、金継ぎの後が時代感を醸し出すことに一躍買っており、嫌らしさが無いのもよい。

形状について

本舗「峯紅葉」と同じく、口辺には尾根のようなくぼみが走る。腰は高く、まるで気高いお嬢様のような佇まいが印象的。見込みは深く、井戸茶碗のカタチも意識しているかもしれない。

肌について

固くもなく、柔らかくもない肌具合。鼠色が強く出ているわけではなく、むしろ白が強いため、上品な仕上がりになっている。

重さについて

外見にくらべると軽いと感じるだろう。裏を返すと、見込みが深く比較的薄作りになっているということ。

耳寄りなおはなし

金沢のとある茶屋から出たものと聞いております。加賀藩があった土地であることを考えると、良き茶碗は多数眠っておりそうでありますね。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 志野茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『利大』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.7cm 口径:10.9cm 底径:4.7cm 一金:お問い合わせください ストーリー 1621年 加賀前甲藩の属国を統治する猪方利大が所持したことで「利大」と名付けられた黒楽 …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

志野茶碗『通天』|志野茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:7.9cm 口径:14.1cm 高台径:6.5cm 豪快さは無く上品な佇まい 名前の由来は、紅葉の名所として有名な東福寺の通天橋からとったとか。景色は抑えめで、ほのかに紅が現れた上 …

重文 鼠志野茶碗『山の端』|志野茶碗

所蔵:根津美術館蔵高さ:8.8cm口径:14.3cm高台径:6.1cm外面だけでなく、内面も見たい一碗根津美術館が所蔵する至宝の1つ、山の端。鼠志野茶碗では峯紅葉と肩を並べる名碗といわれています。つく …

青唐津茶碗『羅漢』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:240,000円 ストーリー 青い肌が幻想的な雰囲気を醸し出す唐津茶碗。極めて珍しい二重竹節高台。ほかの茶碗含めて、これい …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索