コレクション 高麗茶碗

本手ととや茶碗『流れ星』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.3cm
口径:
15.7cm
底径:
6.4cm
一金:
1,400,000円

ストーリー

千双旦が茶の道で独立を果たした時に、師から譲り受けたトトヤ茶碗。有名な「かすみ」のような美しさこそ影を潜めるが、堂々とした作りは本手のなかでも一級品。割れた高台はデザイン性を追求して作られたもので、完璧さの中にも隙を作り出す遊び心も合わせて楽しみたい。

『流れ星』の形状

トトヤ茶碗と聞くと、平たいものが多いが、本手トトヤは立派な風格を持っている。比較的大振りで、大井戸茶碗並。梅花皮が無い分、端正に見えてくる

『流れ星』の肌

柿の蔕茶碗をなめらかにしたかのような肌をもっている。本手らしく、赤茶色がキレイに出ている。

『流れ星』の重さ

ずしっとくる重さがある。井戸茶碗に用いられた土とは異なる土味が感触でわかる

耳寄りなおはなし

「魚屋」とかいて「ととや」と呼ぶようです。魚屋さんにあったお碗を茶碗に見立ててしまったという逸話は有名です。ちなみに、本手はつくられた数そのものが少なくレアな茶碗。さて、この流れ星ですが、釉が蒸発でもしたかのような模様が特徴的。色んな角度から楽しめる一碗であります。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 高麗茶碗
-,

関連記事

黄瀬戸茶碗『本歌取』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:10.5cm 底径:6.4cm 一金:2,200,000円 ストーリー 黄瀬戸は本来茶碗を意識して作られたものではない。火入れのために作られたといわれている。し …

黒織部茶碗『一文字』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:330,000円 ストーリー 織部茶碗のなかで、絵が無く黒一色で歪んだ形状のものを黒織部といいます。一見すると瀬戸黒とも捉 …

織部茶碗『暮雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:3,200,000円 ストーリー 江戸初期に尾張藩の大名が、陶工に作らせた筒茶碗。同志との結束力を高めるための茶席で用いる …

志野茶碗『峯ノ雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:12.7cm 底径:5.4cm 一金:750,000円 ストーリー 五島美術館が所蔵する志野茶碗の名品「峯紅葉」。それをもう一段白くした様相を持つ一品。見込みに …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索