瀬戸黒茶碗

瀬戸黒茶碗『小原木』|瀬戸黒

投稿日:

所蔵:
不審庵蔵
高さ:
8.8cm
口径:
10.2cm
高台径:
5.0cm

地面すれすれの窯割れに惚れ惚れ

瀬戸黒というと、男らしいイメージがつきもの。真っ黒な胴に土見せの高台が典型的なカタチ。そんなかな、この茶碗は少し異端児の部類に入るかもしれません。大きさは比較的小振りで、半筒程度のサイズ。表面の黒はのっぺりとしており、縦に入った篦目といい相性。土見せは黒く、男らしさを感じます。

耳寄りなおはなし

小原木は利休が愛した茶碗といわれており、長次郎茶碗のサイズに似ているかも。利休の思想は全て小振りに収斂していきますね。

出典

  • blogimg.goo.ne.jp/

-瀬戸黒茶碗
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

瀬戸黒茶碗『小原女』|瀬戸黒

所蔵:三井記念美術館 高さ:8.7cm 口径:13.3cm 高台径:5.8cm 地面すれすれの窯割れに惚れ惚れ 名前からすると、女性っぽいイメージがあるが、茶碗の様は男っぽい。もっとも、瀬戸黒の中では …

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.4cm 口径:13.5cm 底径:6.3cm 一金:3,500,000円 ストーリー 瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り …