コレクション 瀬戸黒茶碗

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

投稿日:2017年10月2日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.4cm
口径:
13.5cm
底径:
6.3cm
一金:
3,500,000円

ストーリー

瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り移ったかのよう。胴には指跡が残っており、これが味わい深い景色になっている。江戸時代:元禄の折に、京都の旧家の手に渡り、その後明治時代に豪商松平信幸が、3円25銭で落札した記録が残っている。

形状について

数ある瀬戸黒の中でも豪快な一碗に部類されるであろう。土はがっしりとしており、高台は極めて低く、腰は地面すれすれで体を保っている

肌について

代の瀬戸黒にあっては、釉が分厚く、貫入の程度も大きい。しかし、古い瀬戸黒にあっては、釉は比較的薄く、手取りは土肌を感じ取れそう。

重さについて

国焼き茶碗らしく、手荷物とどっしりと重い。お茶を入れると、その重さは一層感じ取ることになる。豪快な男衆が集まる席に向いていそう。

箱について

しっかりとした桐箱に納められており、所蔵者が愛願して来たであろうことを察することができる。

耳寄りなおはなし

瀬戸黒の中では一番気に入っている茶碗。非常に大振りで豪快さは一級品。のっぺりとした釉薬が多い瀬戸黒にあって、細かい貫入が入っているのは非常に珍しい。なお、ストーリーは架空のもの。お遊び心である。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 瀬戸黒茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

織部茶碗『じゃじゃ馬』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:14.3cm 底径:4.8cm 一金:300,000円 ストーリー 五島美術館が所蔵する水指の「破袋」のように、正面に窯割れが見られる織部の茶碗。前のめりな形状 …

志野茶碗『峯ノ雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:12.7cm 底径:5.4cm 一金:750,000円 ストーリー 五島美術館が所蔵する志野茶碗の名品「峯紅葉」。それをもう一段白くした様相を持つ一品。見込みに …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

黒楽茶碗『利大』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.7cm 口径:10.9cm 底径:4.7cm 一金:お問い合わせください ストーリー 1621年 加賀前甲藩の属国を統治する猪方利大が所持したことで「利大」と名付けられた黒楽 …

大井戸茶碗『青柳』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.2cm 口径:14.0cm 底径:5.4cm 一金:4,200,000円 ストーリー 大井戸茶碗『青柳』。江戸時代の初期に、東北の伊達家に奉納された茶碗が、青柳家に手渡った歴 …