本阿弥光悦

赤楽茶碗『乙御前』|本阿弥光悦

投稿日:2017年5月2日 更新日:

所蔵:
個人蔵
高さ:
9.0cm
口径:
10.8cm
高台径:
4.0cm

稀代のスーパースター

楽の茶碗で名のあるモノは楽家が作ったものがほとんど。そんな、長次郎に交じって光悦作の乙御前は異彩を放っています。

見る角度で顔が変わる!

同じ茶碗でも、どの角度から見るかで、印象は全然違ってきます。乙御前もまた、見る角度がとても大切です。その変わりようは卯の花がきと肩を並べるくらい。一番綺麗に見えるのは、やはり書籍などでよく取られる角度でしょう。

作風はエロスに溢れる

乙御前の口辺はつややかでエロスにあふれています。きんつぎの跡とにゅうの入り方が、ちょこんとある様が可愛らしい。丸っと膨れた腰は、光悦茶碗の特徴でもありますね。

※光悦はいろんな型をもっています。毘沙門天のようにスパンと縦に切り落としたかのようなものもあれば、富士山みたいなオーソドックスな筒型の茶碗も。レパートリーの広さは、光悦の好奇心の大きさを表しているのかもしれませんね。

耳寄りなおはなし

ちなみに、こちらの所蔵は個人。ですので、まぁ、滅多に見ることが出来ない。出会えたらラッキーですので、お見逃しなく。

出典

  • pinterest

-本阿弥光悦
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『七里』|本阿弥光悦

所蔵:五島美術館蔵 高さ:8.2cm 口径:12.2cm 高台径:5.2cm ノンコウと触発しあったのか? 加賀光悦と同じ部類に入る光悦茶碗。口縁は刀で切ったかのように揃っており、胴もやはり直線的。胴 …

赤楽茶碗『毘沙門堂』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵 高さ:9.9cm 口径:11.9cm 高台径:5.9cm 古風なネーミングなり 赤くて丸っとした楽茶碗。名前の由来は、かの有名な毘沙門堂の石段が紅葉に包まれる様から引っ張ってきたのでしょ …

飴釉楽茶碗『紙屋』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵高さ:9.0cm口径:12.2cm高台径:5.4cm紙屋は依頼主の名前から金沢の大樋焼と変わりませんが、内すぼみの口縁、曲線を極端に強調した胴には如何にも光悦らしさがあります。銘の由来はこ …

赤楽茶碗『雪片』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵? 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A 幻の茶碗にして傑作との名声アリ 幻の光悦茶碗と言われて名高い雪片。写真を見る限りでは、一風変わった茶筒茶碗のカタチをしています。おそらく赤楽 …

飴釉楽茶碗『立峯』|本阿弥光悦

所蔵:楽美術館蔵 高さ:7.1cm 口径:11.6cm 高台径:3.8cm 飴釉の最高傑作か 作風は乙御前ににていますが、決定的な違いは釉薬のかかり方。立峯は楽茶碗の中でも大樋焼の釉かけに似たところが …