本阿弥光悦

赤楽茶碗『乙御前』|本阿弥光悦

投稿日:2017年5月2日 更新日:

所蔵:
個人蔵
高さ:
9.0cm
口径:
10.8cm
高台径:
4.0cm

稀代のスーパースター

楽の茶碗で名のあるモノは楽家が作ったものがほとんど。そんな、長次郎に交じって光悦作の乙御前は異彩を放っています。

見る角度で顔が変わる!

同じ茶碗でも、どの角度から見るかで、印象は全然違ってきます。乙御前もまた、見る角度がとても大切です。その変わりようは卯の花がきと肩を並べるくらい。一番綺麗に見えるのは、やはり書籍などでよく取られる角度でしょう。

作風はエロスに溢れる

乙御前の口辺はつややかでエロスにあふれています。きんつぎの跡とにゅうの入り方が、ちょこんとある様が可愛らしい。丸っと膨れた腰は、光悦茶碗の特徴でもありますね。

※光悦はいろんな型をもっています。毘沙門天のようにスパンと縦に切り落としたかのようなものもあれば、富士山みたいなオーソドックスな筒型の茶碗も。レパートリーの広さは、光悦の好奇心の大きさを表しているのかもしれませんね。

耳寄りなおはなし

ちなみに、こちらの所蔵は個人。ですので、まぁ、滅多に見ることが出来ない。出会えたらラッキーですので、お見逃しなく。

出典

  • pinterest

-本阿弥光悦
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『水翁』|本阿弥光悦

所蔵:頴川美術館蔵 高さ:7.5cm 口径:12.5cm 高台径:5.2cm ネーミングの由来は翁の顔のようなカタチから 光悦茶碗では珍しく沓形。「翁」という名前の茶碗は、他にも幾つかありますがどれも …

重文 赤楽茶碗『雪峯』|本阿弥光悦

所蔵:畠山記念館蔵 高さ:9.4cm 口径:11.6cm 高台径:4.2cm 胴径:12.9cm 偶然の軌跡 窯割れの部分は一体どうやって生じて、どうやって継いだのだろうかと誰でも考えてしまいます。光 …

赤楽茶碗『雪片』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵? 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A 幻の茶碗にして傑作との名声アリ 幻の光悦茶碗と言われて名高い雪片。写真を見る限りでは、一風変わった茶筒茶碗のカタチをしています。おそらく赤楽 …

国宝 白楽茶碗『不二山』|本阿弥光悦

所蔵:サンリツ服部美術館蔵 高さ:9.0cm 口径:9.6cm 高台径:5.3cm 国宝たるはそのネーミングセンス! 国宝の茶碗のなかでは唯一作者がわかっているのが、富士山。ネーミングセンス抜群の名付 …

赤楽茶碗『李白』|本阿弥光悦

所蔵:畠山記念館蔵高さ:N/A口径:N/A高台径:N/A 似たような形状を持つ「加賀光悦」とは良い対照を成しています。銘はおそらく所持した近代の茶人・原三渓が、茶碗の面積の大きさから大酒飲みの李白が酒 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索