志野茶碗

重文 鼠志野茶碗『山の端』|志野茶碗

投稿日:

所蔵:
根津美術館蔵
高さ:
8.8cm
口径:
14.3cm
高台径:
6.1cm

外面だけでなく、内面も見たい一碗

根津美術館が所蔵する至宝の1つ、山の端。鼠志野茶碗では峯紅葉と肩を並べる名碗といわれています。つくりは写真よりも実物の方がしっかりとしていると感じるはず。鼠志野茶碗によくあるように、胴は高めになっており、すこし内にくびれがつけられています。俗にいう胴締め型。亀甲の絵は四の茶碗のお約束でしょうか。

この茶碗、外面だけで鑑賞を終わらせるのはとっと勿体無い。この茶碗の最大の見所は見込みにあり。葉っぱがキレイに描かれており、お抹茶を飲み終える頃にそれらが顔を出すのです。是非ともそれが顔を出す瞬間を動画に納めたいものであります。

耳寄りなおはなし

個人的には、峯紅葉のほうが、数段上。絵付け、形状ともに峯紅葉には遠く及ばないでしょう。山の端ファンの皆様、ごめんなさい。

出典

  • pinterest
  • 根津美術館

-志野茶碗
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

志野茶碗『蓬莱山』|志野茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:10.2cm 口径:13.5cm 高台径:5.7cm いと珍しきカタチなり 志野茶碗の中では、極めて珍しいカタチ。楽茶碗に似ているかもしれませんね。 お尻までじっくり眺めたい 桃山 …

志野茶碗『天衣』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.7cm 口径:13.9cm 底径:5.5cm 一金:1,650,000円 ストーリー 衣が天空からひらりと落ちてきたかのような模様が印象的な志野茶碗。見込みは深く、お茶がたっ …

志野茶碗『通天』|志野茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:7.9cm 口径:14.1cm 高台径:6.5cm 豪快さは無く上品な佇まい 名前の由来は、紅葉の名所として有名な東福寺の通天橋からとったとか。景色は抑えめで、ほのかに紅が現れた上 …

志野茶碗『さざ波』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:12.5cm 底径:4.7cm 一金:850,000円 ストーリー 正統派の志野茶碗。鬼板がさざ波のような模様を描いていることから、その銘が付いたのだとか。安直 …

重文 鼠志野茶碗『峰紅葉』|志野茶碗

所蔵:五島美術館蔵 高さ:8.9cm 口径:14.0cm 高台径:6.1cm 鼠志野茶碗は総じて上品なり 鼠志野茶碗は、風貌が穏やかなものが多く、上品さも兼ね備えたモノばかり。この峯紅葉も端正で流麗な …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索