コレクション 長次郎

黒楽茶碗『利大』|コレクション

投稿日:2017年9月23日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.7cm
口径:
10.9cm
底径:
4.7cm
一金:
お問い合わせください

ストーリー

1621年 加賀前甲藩の属国を統治する猪方利大が所持したことで「利大」と名付けられた黒楽茶碗。その後、江戸商人が茶会で試用したことが記録として残っている。また、箱底には江戸商人の後に所望した人物の名前が書かれた形跡が残る。

形状について

胴部分は一見いびつなカタチに見えるが、両手を添えるとそのいびつな形状が、いかに合理的な形状かを実感出来る。

肌について

肌色は楽家3代目ノンコウ以降にみられるような光沢のあるものではなく、枯れて荒びた様子が愛らしい。

重さについて

楽茶碗=薄作りで軽いという概念からは、程遠い重さ。カワイイ大きさ思っていると意外な重さに驚くだろう。

箱について

箱はすでに朽ちがひどく、二重箱の用心箱に納めている状況。箱裏には「利大」と書かれていが、画像処理を施さないと読めないレベル。また、箱底には江戸商人の後に手渡った人物の名前が書かれていたと思われる形跡が残る。

耳寄りなおはなし

当方が所蔵する茶碗の中でも、1位、2位を争う一碗。これほどまでに侘び寂びが現れた茶碗はなかなかお目にかかれません。サイズも小振りで普段使いにも最適です。ちなみに、ストーリーは妄想の産物です。悪しからず。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 長次郎
-


  1. Cialis より:

    I got this web page from my buddy who shared with me regarding this web
    site and now this time I am visiting this website and reading very informative
    posts at this place.

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『金毛』|長次郎

所蔵:不審庵蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A やさぐれ感がいい感じ 不思議なくびれをまとった茶碗。胴の手を添える部分にぐっとくびれをつくって、手にしたときに「しっくりさ」が体感できると思 …

黒楽茶碗『両国』|長次郎

所蔵:正木美術館蔵 高さ:N/A 口径:N/A 高台径:N/A 楽茶碗=薄い? 長次郎の茶碗では、かなり分厚い茶碗ではないでしょうか。楽茶碗=薄いといわれることがおおいですが、それは3代ノンコウ以降の …

黒楽茶碗『ムキ栗』|長次郎

所蔵:文化庁蔵 高さ:8.5cm 口径:12.5cm 高台径:4.9cm 上半身と下半身が異なる異形の茶碗 長次郎の茶碗で枡形のものはこれ唯一といってもよいのでは。上半分は四角、下半分は円形というなん …

重文 赤楽茶碗『無一物』|長次郎

所蔵:穎川美術館蔵 高さ:8.6cm 口径:11.2cm 高台径:4.8cm さびれ具合は随一 赤楽にして、これほどまでにさびた肌を持つ茶碗は、長次郎以外には作り出せないでしょう。お茶を入れると、パッ …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …