コレクション 織部茶碗

黒織部茶碗『一文字』|コレクション

投稿日:2017年10月22日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.6cm
口径:
13.5cm
底径:
5.6cm
一金:
330,000円

ストーリー

織部茶碗のなかで、絵が無く黒一色で歪んだ形状のものを黒織部といいます。一見すると瀬戸黒とも捉えられかねないのですが、やはりひしょげ方が違いますね。瀬戸黒はまだまだ丸い形状を保っているように思います。もっとも、高台の低さもこれまた瀬戸黒を思わせられるのでなんとも言えないのですが。

『一文字』の形状

楕円形に作ったものを、最後にぐにゃりと曲げたかのような形状。作為的なのですが、男気たっぷりです。

『一文字』の肌

黒い釉薬を1つビショーっとかけた感じです。手で掴んだところだけ指跡が残っていますが、そこはご愛嬌です。

『一文字』の重さ

織部らしくずっしりと重いです。土の妙理で、織部の土は密度が高いものなのかもしれません。科学的に分析してみると面白そうです。

耳寄りなおはなし

織部茶碗と瀬戸黒茶碗の間くらい。日しょげた感じがもう少しおさえ気味だったら、瀬戸黒と言われても納得してしまうと思います。釉薬の掛け方は、慎重に欠けた様子は無く、えいや!とかけてしまったのでは。巨漢/豪傑が集まる席で、是非とも使ってみたい一碗ですね。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 織部茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蕎麦茶碗『燕』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.5cm 口径:13.5cm 底径:5.1cm 一金:250,000円 ストーリー 高麗茶碗の一つである蕎麦茶碗。見込みが平たく、奥行きがそれほど感じ取れないのですが、胴まわり …

青織部茶碗『裏庭』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:550,000円 ストーリー 瓢箪の絵がとても軽やかな茶碗。つくりは黄瀬戸ににているのが興味深くもある。江戸時代に近江の商 …

黒楽茶碗『利大』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.7cm 口径:10.9cm 底径:4.7cm 一金:お問い合わせください ストーリー 1621年 加賀前甲藩の属国を統治する猪方利大が所持したことで「利大」と名付けられた黒楽 …

瀬戸茶入『青龍』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.1cm 一金:350,000円 ストーリー もともとは『常夏』と名付けられた茶入。夏の茶席に活躍するのは間違いないが、ちょっと季節を限定するのはもったいない出来栄え。というこ …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索