コレクション 唐津茶碗

唐津茶碗『赤富士』|コレクション

投稿日:2017年10月5日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.8cm
口径:
12.5cm
底径:
5.4cm
一金:
1,200,000円

ストーリー

赤土と白い釉薬が溶けた景色が愛らしい唐津茶碗。ほのかに継がれた金跡が、時代の経過を物語る。九州の唐津で桃山時代に作成された後、江戸時代の中期に発掘され、その後近江の商人が北回り船での貿易を通じて手に入れた記録が残る。近江商人の後、加賀の今井家の手に渡り、明治の実業家後藤雅之助が手に入れて現代にいたる。赤い土に白い釉薬が垂れ下がる姿から、『赤富士』と名付けられた。

『赤富士』の形状

沓形の形状。ただし、緩やかな沓形で、上品さが残る。

『赤富士』の肌

釉薬はカラッと焼けており、赤土の固さを感じる事ができる肌調。『赤富士』というなの通り、土と白い釉薬のコントラストが魅力。

『赤富士』の重さ

重くもなく、軽くもない程良い重さ。男女どちらの茶席でも、容易に手渡せるサイズ。

『赤富士』の箱

箱裏に「すぎしよと いくばくのおもいかさなる 赤富士かな」とかかれている。

耳寄りなおはなし

唐津茶碗というと、小振りなものが多く、なかなかお茶の席には向かないものが多い(酒器寄りの用途)です。が、このお茶碗はほどよいサイズ感かつ派手な石ハゼ等も無いため、使いやすい一碗。なお、ストーリーは架空のもの。歌ももちろん架空のものであり、恐縮です。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 唐津茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

瀬戸茶入『青龍』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.1cm 一金:350,000円 ストーリー もともとは『常夏』と名付けられた茶入。夏の茶席に活躍するのは間違いないが、ちょっと季節を限定するのはもったいない出来栄え。というこ …

奥高麗茶碗『中尾』|唐津茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:8.0cm 口径:16.2cm 高台径:6.6cm 奥高麗はレアな茶碗なり ネーミングは所蔵していたお医者さんの名前から。奥高麗茶碗の中ではNo.1の知名度。是関唐津ともよばれてい …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

青磁茶碗『蒼』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:13.8cm 底径:4.5cm 一金:1,000,000円 ストーリー 中国との貿易により、日本に渡ってきた青磁茶碗。青磁蓮弁茶碗として分類されている。千利休の …

織部茶碗『じゃじゃ馬』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:14.3cm 底径:4.8cm 一金:300,000円 ストーリー 五島美術館が所蔵する水指の「破袋」のように、正面に窯割れが見られる織部の茶碗。前のめりな形状 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索