唐津茶碗

奥高麗茶碗『中尾』|唐津茶碗

投稿日:2017年6月5日 更新日:

所蔵:
個人蔵
高さ:
8.0cm
口径:
16.2cm
高台径:
6.6cm

奥高麗はレアな茶碗なり

ネーミングは所蔵していたお医者さんの名前から。奥高麗茶碗の中ではNo.1の知名度。是関唐津ともよばれていたりする。赤くこげた土色に井戸茶碗の釉溶けのような景色がポイント。特に、見込みに入った釉溶けの様子は天下一品の様子。唐津の中でも、小振りなサイズの唐津はたくさんあるけれど、奥高麗のようなビッグサイズの唐津焼はレア。口径が13cmを超えて、高さが8cmに達するようであれば、奥高麗に分類しても良いかも。

耳寄りなおはなし

個人的にも、奥高麗の茶碗は喉から手が出る程ほしいお茶碗の種類。なかなか素晴らしいものに出会えないのがまたコレクター魂に火をつけてきますです。ちなみに、「中尾」は別名「是閑」とも呼ばれていたりします。

出典

  • fc2.com

-唐津茶碗
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐津茶碗『小宇宙』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.3cm 口径:11.6cm 底径:4.6cm 一金:300,000円 ストーリー 藤村家にて、藤村奏が茶碗飯用に利用されていたものを、見立てとして茶の席に応用したのがこの唐津 …

唐津茶碗『忘れ草』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:11.0cm 底径:4.7cm 一金:350,000円 ストーリー 鈍く光る金継ぎが、とても味わい深い一碗。焼成中におこった偶然の欠けが、アクセントになっている …

唐津茶碗『赤富士』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.5cm 底径:5.4cm 一金:1,200,000円 ストーリー 赤土と白い釉薬が溶けた景色が愛らしい唐津茶碗。ほのかに継がれた金跡が、時代の経過を物語る …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

青唐津茶碗『羅漢』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:240,000円 ストーリー 青い肌が幻想的な雰囲気を醸し出す唐津茶碗。極めて珍しい二重竹節高台。ほかの茶碗含めて、これい …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索