コレクション 織部茶碗

織部茶碗『伊達男』|コレクション

投稿日:2017年9月24日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
9.0cm
口径:
10.5cm
底径:
5.5cm
一金:
6,000,000円

ストーリー

江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その後、江戸の武家に伝わり、秘蔵の茶碗として長らく愛用されてきた記録が残る。その後、千家の即中斎より「松風」と命名された。織部らしく、破格の風貌で、その他の茶碗の影が薄く見えてしまう。

形状について

織部の筒茶碗。縦長であるので、冬の茶席にお茶が冷めにくいことで使われることが多いです。かなりの厚手のつくりで、口辺は一段と分厚くなっている。織部らしく、他に類を見ない破格の形状。高台の内側は六角形の御所丸っぽさが残っている。

肌について

肌はかちっとしており、やわらかさは感じられない。模様はとても面白く、ぐるぐる巻きの窓のようにもみえる。細かいブツブツが残っており、溶けきっていない石がまたいい景色になっている。

重さについて

半筒の茶碗としては志野茶碗や楽茶碗に比べると重い。野武士の男が好みそうな茶碗。

箱について

即中斎より「松風」と命名。だが、他の茶碗にもあるような銘でちょっと味気ないので追銘「伊達男」と命名したい。

耳寄りなおはなし

所蔵している織部茶碗の中では、もっとも正統派路線の織部茶碗。見込みも深く、普段使いの湯呑としても大活躍してくれるはずです。もともと黒いので、コーヒーとか入れても問題無しですね。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 織部茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤楽茶碗『放浪花』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:12.5cm 底径:4.5cm 一金:800,000円 ストーリー 江戸期の木阿弥光悦制作による赤楽茶碗。極端なまでの薄作りは、楽家3代の道人の作りとよく似てい …

織部菊文茶碗|織部茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:9.1cm 口径:10.7cm 高台径:5.1cm 黒紫色に恋しそう この茶碗最大の見所は織部釉の色味。だいたいは黒色なのですが、この茶碗は紫っぽさが出ている。それもいやらしい紫色 …

重文 織部茶碗『冬枯』|織部茶碗

所蔵:徳川美術館蔵 高さ:9.5cm 口径:10.5cm 高台径:5.3cm イミフメイな図柄が大人気! 織部茶碗の名碗にして、意味不明な茶碗。描かれた絵が何を書こうとしたのかは、当人のみが知るところ …

織部茶碗『柾垣』|織部茶碗

所蔵:個人蔵 高さ:9.0cm 口径:10.7cm 高台径:5.7cm イミフメイな図柄が大人気! ポジティブに言えば豪快。ネガティブに言えば適当。そんな茶碗。口辺の力強さは一級品。描かれた菖蒲と格子 …

赤楽茶碗『黄鳥』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:12.1cm 底径:5.3cm 一金:450,000円 ストーリー 楽家10代旦入による赤楽茶碗。篦の使い方が絶妙で、手を沿えるとくっついてくるような感覚を味わ …