コレクション 楽茶碗

赤楽茶碗『赤壁』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.3cm
口径:
12.2cm
底径:
5.1cm
一金:
750,000円

ストーリー

阪神電鉄の祖:逸翁による赤楽茶碗。本阿弥光悦の「加賀光悦」を模して作ったのは容易に想像がつく。刀で切ったかのようなすぱっとした高台周りはお見事。金の継ぎ跡が、非常に素晴らしい景色になっている。逸翁が制作した後、しばしば自身の茶席で利用したが、その後大阪の旧家に渡った記録が残る。

『赤壁』の形状

悦の作に比べると幾分か厚みがあるように思う。が、口辺、高台周りの作りはお見事の一言に尽きる。

『赤壁』の肌

柿の蔕茶碗をなめらかにしたかのような肌をもっている。本手らしく、赤茶色がキレイに出ている。

『赤壁』の重さ

ずしっとくる重さがある。井戸茶碗に用いられた土とは異なる土味が感触でわかる

耳寄りなおはなし

「赤壁」は三国志に出てくるレッドクリフのこと。赤く絶壁のような様相から銘が付いたようです。この茶碗、最初は金継ぎが無かったのですが、ちょっと禿頭っぽく見えて、景色がよろしくなかったため金で継いでしました。結果は大満足の出来であります。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 楽茶碗
-

関連記事

黒楽茶碗『稲妻』|道入(ノンコウ)

所蔵:表千家 高さ:8.7cm 口径:12.3cm 底径:5.8cm 稲妻という名前の由来は? 「稲妻」という銘は、朱い釉がうみだした景色からとったと言われておりますが、稲妻が走ったかのように感動した …

青磁茶碗『蒼』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:13.8cm 底径:4.5cm 一金:1,000,000円 ストーリー 中国との貿易により、日本に渡ってきた青磁茶碗。青磁蓮弁茶碗として分類されている。千利休の …

赤楽茶碗『鵺』|道入(ノンコウ)

所蔵:三井記念美術館 高さ:9.0cm 口径:12.2cm 底径:5.8cm 重要文化財!ではありますが のんこうの重文作品。三井記念美術館が所蔵する。銘にある「鵺」は、茶碗の景色が『平家物語』の源頼 …

織部茶碗『暮雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:3,200,000円 ストーリー 江戸初期に尾張藩の大名が、陶工に作らせた筒茶碗。同志との結束力を高めるための茶席で用いる …

志野茶碗『さざ波』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.8cm 口径:12.5cm 底径:4.7cm 一金:850,000円 ストーリー 正統派の志野茶碗。鬼板がさざ波のような模様を描いていることから、その銘が付いたのだとか。安直 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索