コレクション 楽茶碗

赤楽茶碗『赤壁』|コレクション

投稿日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.3cm
口径:
12.2cm
底径:
5.1cm
一金:
750,000円

ストーリー

阪神電鉄の祖:逸翁による赤楽茶碗。本阿弥光悦の「加賀光悦」を模して作ったのは容易に想像がつく。刀で切ったかのようなすぱっとした高台周りはお見事。金の継ぎ跡が、非常に素晴らしい景色になっている。逸翁が制作した後、しばしば自身の茶席で利用したが、その後大阪の旧家に渡った記録が残る。

『赤壁』の形状

悦の作に比べると幾分か厚みがあるように思う。が、口辺、高台周りの作りはお見事の一言に尽きる。

『赤壁』の肌

柿の蔕茶碗をなめらかにしたかのような肌をもっている。本手らしく、赤茶色がキレイに出ている。

『赤壁』の重さ

ずしっとくる重さがある。井戸茶碗に用いられた土とは異なる土味が感触でわかる

耳寄りなおはなし

「赤壁」は三国志に出てくるレッドクリフのこと。赤く絶壁のような様相から銘が付いたようです。この茶碗、最初は金継ぎが無かったのですが、ちょっと禿頭っぽく見えて、景色がよろしくなかったため金で継いでしました。結果は大満足の出来であります。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 楽茶碗
-

関連記事

青織部茶碗『裏庭』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:550,000円 ストーリー 瓢箪の絵がとても軽やかな茶碗。つくりは黄瀬戸ににているのが興味深くもある。江戸時代に近江の商 …

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.4cm 口径:13.5cm 底径:6.3cm 一金:3,500,000円 ストーリー 瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り …

小井戸茶碗『やんごとなし』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.0cm 口径:12.7cm 底径:5.3cm 一金:2,100,000円 ストーリー 桃山時代に李氏朝鮮から大名毛利家が入手したもの。その茶会記にて「まことにやんごとなき碗に …

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.6cm 口径:13.5cm 底径:5.6cm 一金:640,000円 ストーリー 黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見る …

赤楽茶碗『黄鳥』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:12.1cm 底径:5.3cm 一金:450,000円 ストーリー 楽家10代旦入による赤楽茶碗。篦の使い方が絶妙で、手を沿えるとくっついてくるような感覚を味わ …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索