コレクション

赤楽茶碗『黄鳥』|コレクション

投稿日:2017年11月26日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.1cm
口径:
12.1cm
底径:
5.3cm
一金:
450,000円

ストーリー

楽家10代旦入による赤楽茶碗。篦の使い方が絶妙で、手を沿えるとくっついてくるような感覚を味わうことが出来る。見込みには篦によって、鳳凰が舞う様子が描かれており、そこから銘「黄鳥」と名付けられた。尾張藩の正木家に伝わった記録が残り、その後は名古屋の旧家に手渡り、このほど恵比寿屋に舞い込んだ。

『黄鳥』の形状

篦の塚型が絶妙で、両手を添えるポジションが非常にしっくりとくる。

『黄鳥』の肌

赤楽らしいテカリ。肌はカラッとしている。貫入が嫌みにならない程度に程よく入っており、これもまた見所。

『蒼』の重さ

見た目はがっしりとしているが、楽茶碗らしく手取りは軽い。また、手の収まりが良いことも相まって、空気のような持ち心地。

耳寄りなおはなし

赤楽茶碗と志野茶碗。赤色の出方は全く異なるため、人によって好みはかなり変わってきそうです。当方は、どちらかというと志野茶碗のほうが好きだったりしますね。気兼ねなく使えるのはこちらの「黄鳥」だったりしますが。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青織部茶碗『裏庭』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:550,000円 ストーリー 瓢箪の絵がとても軽やかな茶碗。つくりは黄瀬戸ににているのが興味深くもある。江戸時代に近江の商 …

本手ととや茶碗『流れ星』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:15.7cm 底径:6.4cm 一金:1,400,000円 ストーリー 千双旦が茶の道で独立を果たした時に、師から譲り受けたトトヤ茶碗。有名な「かすみ」のような …

志野茶碗『峯ノ雪』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.3cm 口径:12.7cm 底径:5.4cm 一金:750,000円 ストーリー 五島美術館が所蔵する志野茶碗の名品「峯紅葉」。それをもう一段白くした様相を持つ一品。見込みに …

大井戸茶碗『青柳』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.2cm 口径:14.0cm 底径:5.4cm 一金:4,200,000円 ストーリー 大井戸茶碗『青柳』。江戸時代の初期に、東北の伊達家に奉納された茶碗が、青柳家に手渡った歴 …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …