コレクション

黄瀬戸茶碗『本歌取』|コレクション

投稿日:2017年10月10日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
8.1cm
口径:
10.5cm
底径:
6.4cm
一金:
2,200,000円

ストーリー

黄瀬戸は本来茶碗を意識して作られたものではない。火入れのために作られたといわれている。しかし、とある粋な茶人が「ちょうどよいサイズ感」ということで、茶碗に見立てて利用したもの。合理性と美的感覚に優れた人物の粋な心意気に感服するばかりである。本来の茶の用途で使われている茶碗以上に、その存在感の高さと侘び寂びの完成度の高さから「本歌取」と名付けられた。

『赤富士』の形状

典型的な黄瀬戸の筒茶碗。胴はすとんと垂直に落ち、高台といえるようなものはほぼないといってよい。

『本歌取』の肌

作りがうすく、釉薬の厚さもそれほどないが、冷たい感じは無く不思議な暖かみがある。

『本歌取』の重さ

薄作りであることも相まって、非常に軽い。利休が好みそうな小柄なサイズ。

『本歌取』の箱

箱裏に「藍は青よりいでて青より青し。この茶碗もまたさようのごとく」と歌が添えられている。

耳寄りなおはなし

黄瀬戸の茶碗でよく評価されるのは、たんぱんと呼ばれる黄色の肌に緑色の模様。ですが、この茶碗では「そんなたんぱんなんてどーでもええですわ」と感じられるくらい、茶渋とニュウの景色が美しいです。茶渋は今日に至るまでに、いかにこの茶碗が多くの人の手に渡り、実際に利用されてきたかを物語ります。うーん、そこに思いを馳せるだけで3日間ぐらいは、妄想ストーリーを作れそうですね。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐津茶碗『青二才』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.8cm 口径:12.0cm 底径:5.2cm 一金:550,000円 ストーリー 金継ぎは江戸中期の職人の手によるもの。時代が経過したことで、金色の光に鈍さがでており、古風さ …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

織部茶碗『伊達男』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:10.5cm 底径:5.5cm 一金:6,000,000円 ストーリー 江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その …

赤楽茶碗『黄鳥』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:12.1cm 底径:5.3cm 一金:450,000円 ストーリー 楽家10代旦入による赤楽茶碗。篦の使い方が絶妙で、手を沿えるとくっついてくるような感覚を味わ …

瀬戸茶入『青龍』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.1cm 一金:350,000円 ストーリー もともとは『常夏』と名付けられた茶入。夏の茶席に活躍するのは間違いないが、ちょっと季節を限定するのはもったいない出来栄え。というこ …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索