コレクション 唐津茶碗

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

投稿日:2017年10月22日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.6cm
口径:
13.5cm
底径:
5.6cm
一金:
640,000円

ストーリー

黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見ると、織部ではなく唐津だとわかります。呼継により、異なる黒い陶片を組み合わせています。こちらは織部っぽいですね。金ではなく黒い漆で継いでいる所が、男性らしさを一層醸し出しています。 唐津の茶碗は本当に色々な種類があって面白い。楽茶碗のように、釉薬と土にある程度の約束事がみえるのも良いのですが、唐津茶碗の自由奔放さもまた、魅力的であります。

『八咫烏』の形状

唐津茶碗としては、大振りに分類されるであろう一碗。ひしょげた様は織部茶碗にも通じるものがあります。

『八咫烏』の肌

黒い釉薬は少しねっとりとした触り心地。梅花皮質な様子もみられ、土との偶然の相性が生み出したのかもしれない。

『八咫烏』の重さ

唐津の中でも大振りなだけあって、重さもそれなりにある一碗。

耳寄りなおはなし

黒一色のみを勢い良くどしゃーと掛けた茶碗。勇ましさを感じ取れるところがこの茶碗最大の見所。織部の約束事に忠実に作成された様子がひしひしと伝わってきます。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 唐津茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

織部茶碗『伊達男』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:10.5cm 底径:5.5cm 一金:6,000,000円 ストーリー 江戸時代の初期、奥州の地域を支配していた大名:伊達政ノ幸が所持していたとされる茶碗。その …

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.4cm 口径:13.5cm 底径:6.3cm 一金:3,500,000円 ストーリー 瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り …

織部茶碗『晩秋』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.1cm 口径:13.4cm 底径:5.3cm 一金:200,000円 ストーリー ぱっくりと二つに割れてしまった織部茶碗。しかし、丁寧な継ぎが施してあり、また高台は傷つけてお …

赤楽茶碗『放浪花』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:9.0cm 口径:12.5cm 底径:4.5cm 一金:800,000円 ストーリー 江戸期の木阿弥光悦制作による赤楽茶碗。極端なまでの薄作りは、楽家3代の道人の作りとよく似てい …

志野茶碗『いろは坂』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.3cm 口径:12.2cm 底径:4.7cm 一金:1,200,000円 ストーリー 異なる陶片による呼継ぎでキレイに作られた茶碗。とある筋から譲り受けたお話によると、その昔 …