コレクション 唐津茶碗

黒唐津茶碗『八咫烏』|コレクション

投稿日:2017年10月22日 更新日:

所蔵:
恵比寿屋
高さ:
7.6cm
口径:
13.5cm
底径:
5.6cm
一金:
640,000円

ストーリー

黒い肌とは、一見すると織部のような風貌です。が、手に持ち上げて、高台付近までさわさわして見ると、織部ではなく唐津だとわかります。呼継により、異なる黒い陶片を組み合わせています。こちらは織部っぽいですね。金ではなく黒い漆で継いでいる所が、男性らしさを一層醸し出しています。 唐津の茶碗は本当に色々な種類があって面白い。楽茶碗のように、釉薬と土にある程度の約束事がみえるのも良いのですが、唐津茶碗の自由奔放さもまた、魅力的であります。

『八咫烏』の形状

唐津茶碗としては、大振りに分類されるであろう一碗。ひしょげた様は織部茶碗にも通じるものがあります。

『八咫烏』の肌

黒い釉薬は少しねっとりとした触り心地。梅花皮質な様子もみられ、土との偶然の相性が生み出したのかもしれない。

『八咫烏』の重さ

唐津の中でも大振りなだけあって、重さもそれなりにある一碗。

耳寄りなおはなし

黒一色のみを勢い良くどしゃーと掛けた茶碗。勇ましさを感じ取れるところがこの茶碗最大の見所。織部の約束事に忠実に作成された様子がひしひしと伝わってきます。

出典

  • 全てオリジナル

-コレクション, 唐津茶碗
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青織部茶碗『裏庭』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:550,000円 ストーリー 瓢箪の絵がとても軽やかな茶碗。つくりは黄瀬戸ににているのが興味深くもある。江戸時代に近江の商 …

志野茶碗『天衣』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:7.7cm 口径:13.9cm 底径:5.5cm 一金:1,650,000円 ストーリー 衣が天空からひらりと落ちてきたかのような模様が印象的な志野茶碗。見込みは深く、お茶がたっ …

瀬戸茶入『青龍』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:6.1cm 一金:350,000円 ストーリー もともとは『常夏』と名付けられた茶入。夏の茶席に活躍するのは間違いないが、ちょっと季節を限定するのはもったいない出来栄え。というこ …

瀬戸黒茶碗『無明』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.4cm 口径:13.5cm 底径:6.3cm 一金:3,500,000円 ストーリー 瀬戸黒が考案されたのは桃山時代。豪快な陶工による、躊躇いの無い力強さがそのまま茶碗に乗り …

高麗茶碗『枯れ仏』|コレクション

所蔵:恵比寿屋 高さ:8.1cm 口径:13.7cm 底径:5.5cm 一金:お問い合わせください ストーリー 高麗時代に作られた茶碗。日本でいうと室町中期あたり。当時の南朝に属していた足利氏唯が愛蔵 …

恵比寿屋のコレクションに関するレンタル・お譲りについてはこちらのページのお問い合わせよりコンタクトください。

茶道具キーワードで検索