本阿弥光悦

黒楽茶碗『東』|本阿弥光悦

投稿日:

所蔵:
北村美術館蔵
高さ:
8.8cm
口径:
12.0cm
高台径:
4.8cm

形状は光悦、釉景色はノンコウ?

作風としてはかなりノンコウに近い感じがします。いや、これはもうノンコウでしょう。釉薬の溶け方はノンコウの作品とほぼ同じ。角を立てているところには如何にも刀を扱っていた光悦らしい造形がありますが、そこがなかったらノンコウ黒楽と見間違えてしまいまいそう。もしかすると、光悦が型を作って、ノンコウが釉薬をかけて焼いたものなのかもしれませんね。

耳寄りなおはなし

光悦と楽家3代の道入(ノンコウ)は切っても切れない関係。光悦がお茶碗をつくるために、楽家から土を仕入れていたのは有名なお話ですね。そんな2人ですから、共同で作った作品も幾つかありそうなものです。この「東」も、もしかすると、もしかする作品なのかもしれません。

出典

  • pinterest
  • 東京国立博物館

-本阿弥光悦
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒楽茶碗『雨雲』|本阿弥光悦

所蔵:三井記念美術館蔵 高さ:9.0cm 口径:12.5cm 高台径:4.8cm ネーミング最高です 本阿弥光悦作の名碗にして代表作のひとつ。数ある茶碗の中でも、抜群に名前がかっこいいです 雨雲という …

国宝 白楽茶碗『不二山』|本阿弥光悦

所蔵:サンリツ服部美術館蔵 高さ:9.0cm 口径:9.6cm 高台径:5.3cm 国宝たるはそのネーミングセンス! 国宝の茶碗のなかでは唯一作者がわかっているのが、富士山。ネーミングセンス抜群の名付 …

黒楽茶碗『水翁』|本阿弥光悦

所蔵:頴川美術館蔵 高さ:7.5cm 口径:12.5cm 高台径:5.2cm ネーミングの由来は翁の顔のようなカタチから 光悦茶碗では珍しく沓形。「翁」という名前の茶碗は、他にも幾つかありますがどれも …

赤楽茶碗『毘沙門堂』|本阿弥光悦

所蔵:個人蔵 高さ:9.9cm 口径:11.9cm 高台径:5.9cm 古風なネーミングなり 赤くて丸っとした楽茶碗。名前の由来は、かの有名な毘沙門堂の石段が紅葉に包まれる様から引っ張ってきたのでしょ …

赤楽茶碗『十王』|本阿弥光悦

所蔵:五島美術館蔵 高さ:9.8cm 口径:10.5cm 高台径:4.9cm simple is bestとは言いますけれども・・・ 光悦としては、デザイン性があまりない丸い茶碗。物足りなさを感じる人 …